立夏

新暦の5月6日頃から5月20日頃までが二十四節気の立夏です。
二十四節気の立夏から立秋までは旧暦の夏にあたります。
春が終わり、夏の気が立ち始める季節です。

言葉

立夏・風薫る・葉桜・青葉・麦の秋・菖蒲・万緑・走り梅雨

草花

しろつめ草・芍薬(しゃくやく)・釣鐘草・山法師・すずらん

旬の食材

山菜(わらび、ふき、こごみ、うるい、みず…など)
新じゃがいも・ソラマメ・メロン・鰹・鱒

生きもの

七十二候の初侯(5/1~5/10)は、
蛙始めて鳴く(かわずはじめてなく)
にあたります。

蛙はこの時期に繁殖期を迎えます。
水辺で賑やかに聞こえてくる蛙の大合唱は蛙のオスからメスへの求愛の唄です。

春すぎて夏来(き)にけらし白妙(しろたへ)の 衣(ころも)ほすてふ天(あま)の香具山(かぐやま)/ 持統天皇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です